沿革

知的プラットフォームの設立に至るまで、約3年を要しました。その間、準備会を重ね、合宿も行い、皆で検討を進めてまいりました。

 

2019年

~2022年2月

時代を生き抜くための政策課題の検討を有志で開始。

これからの時代を担う若者中心が集う場所を創り、そこで新たなプロジェクトを起こそうという気運が生まれた。

2023年3月13日プロジェクトの最初の準備会議

現幹事団および現アドバイザリ-、7名にて

2023年6月4日プロジェクト準備会議

これまでの時代を振り返り、新たな時代を創造するにあたって、検討すべき切り口、新たな活動を行うための視点の検討を行った

2022年6月

~2023年7月

準備会議、WEB会議

昭和40年代に起きた、「行革推進全国フォーラム」や若者中心で発足したSAS(システムズ・アナリスト・ソサエティ)などのかつての動きを参考としながら、新たな動きを始めよう、若者たちのエネルギーを発散できるような活動の場の検討などを行った。

・情報とは何か、情報化のあり方を見直す:情報学的視点からのアプローチ
・温故創新+イノベーションで新たな時代を
・若者が時代を切り開く、新たなフォーラムの場を創設したい

・地域から変えていく(東京都地域、和歌山などから)

2023年7月30日湯沢合宿

関係者15名で、合宿会議を開催。
会の名称、趣意書作成などの検討を行った。

①産官学から、文系と理系の融合、学際的な集まりとする

②若者世代(20歳~35歳)が、自らの言葉で発信し、時代を切り開く

③定期的に集まる場所を創り、発信する

④ローカル(地方)の動きから始め、それを全国に拡大していく

2023年9月16日「未来を創る知的プラットフォームをめざす」シンポジウム開催

場所:千代田区 主婦会館プラザエフ

知的プラットフォームの準備会として開催

2024年3月31日設立総会

場所:千代田区 星陵会館

18名が集まり、「知的プラットフォーム推進全国フォーラム」として正式に発足。

2024年5月27日設立記念懇談会

場所:千代田区 憲政記念館

43名の参加により、フォーム代表挨拶、顧問、アドバイザリーからの激励のお言葉をいただいた。